【解決】「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした」の対処方法

公開日: : Apple, まとめ記事, フリーソフト

 Appleから発売されている最新モデル「iPhone6S」や「iPadPro」などのiOSデバイスを「Windows」や「Mac」に搭載されているフリーソフト「iTunes」に接続されているのに『iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした』というエラーコードが表示されるバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです

【解決】「iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした」の対処方法 1x1.trans

 下記が「【解決】『iPhoneがコンピュータから取り外されたため、iPhoneをバックアップできませんでした』エラーバグ不具合の対処設定方法」についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【その①】:「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップデートします
  2. 【その②】:「ホーム画面」→「iTunes」を起動→「環境設定」→「デバイス」項目の「デバイスのバックアップ」を右クリックします
  3. 「削除」「アーカイブ」「Finderで表示」の中から「Finderで表示」を選択します
  4. 「/Users/ユーザ名/Library/Application Support/MobileSync/Backup」内に保存されちているバックアップデータを直接削除します
  5. 【その③】:「Windows」の場合は「スタートボタン」から「再起動」、「Mac」の場合は「リンゴマーク」から「再起度」を選択します
  6. 【その④】:「iPhone」や「iPad」などのiOSデバイスと「Windows」や「Mac」に接続しているUSBケーブルがAppleから発売されている「Lightningケーブル」であることを確認してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑