【解決】iPhoneで標準アプリのアイコンが真っ白/消えたバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : iPad, iPadmini, iPhone, iPod touch, まとめ記事

Appleから発売されている最新モデル「iPhoneSE」や「iPadPro」などのiOSデバイスのを最新バージョン「iOS9(iOS9.1、iOS9.2、iOS9.3)」にアップデート後に「標準アプリのアイコンがホーム画面から消えた!デザインが真っ白になった!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【解決】iPhoneで標準アプリのアイコンが真っ白/消えたバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans 下記が『【解説】iPhoneやiPadでホーム画面の標準アプリのアイコンが真っ白/消してしまったバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」の「検索」から再度同じアプリを再インストールします
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」の「アップデート」からアイコンが真っ白になっている場合は最新バージョンにアップデートします
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「iCloudのストレージと使用状況」からインストール済みのアプリをアンインストールします
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「機能制限」から「アプリ」を解除オフにします
  6. 「iPhone」もしくは「iPad」本体横にある「SIMカード」差込口から「SIMカード」を抜き差します(この時電源をオフにします)
  7. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOSデバイスを強制的に再起動します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑