【解決】iOS11からiOS10.3.2にダウングレード復元する設定方法(完全脱獄なし)

公開日: : iOS11, まとめ記事

 2017年09月20日(日本時間)、Appleから発売されている新型モデル「iPhone8」や「iPhoneX」シリーズなどのiOSデバイス向けにリリースされた大型アップデートバージョン「iOS11」が正式リリースされましたが、「同バージョンを旧バージョン『iOS10.3.3』にダウングレードできない!戻せない!失敗する!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【解決】iOS11からiOS10.3.2にダウングレード復元する設定方法(完全脱獄なし) 1x1.trans

 下記が『【解決】iOS11をiOS10.3.3にダウングレードできない/戻せないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 『iOS11』を搭載した『iPhone7』または『iPadPro』などのiOSデバイスを「Windows」または「Mac」を搭載したパソコンに専用USBケーブル(Lightningケーブル)で接続し、パソコン内にインストールした「iTunes」を起動します
  2. 「iTunes」の「概要」タブにある「このコンピュータ」と「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」を選択します(【注意】復元に失敗した時のためにバックアップをこの手順で必ず作成してください
  3. 「iPhone7」や「iPadmini4」などのiOSデバイスの本体の背面部分にある『GSM』『CDMA』を確認し、『iOS10.3.3』または『iOS10.3.2』のファームウェアを「配布サイト」または「ipsw.me(使い方は「iPhone/iPadがダウングレード&復元可能か確認する方法まとめ」を参考にしてください)」から「.ipswファイル(ファームウェア)」をダウンロードしてください。(【注意】:Zip形式の圧縮ファイルをダウンロード後に必ず解凍ソフトなど使い、ダウンロードしたファイルを展開し、「.ipsw」形式ファイルをフォルダから取り出してください)
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「AppleID(画面最上部)」を選択→「iCloud」にサインイン→「iPhoneを探す」をオフ→①で使用したパソコンに専用USBケーブル(Lightningケーブルなど)を接続し、パソコン内の「iTunes」を起動します
  5. 「Mac」の場合は「Alt」+「Optionキー」、「Windows」の場合は「Shiftキー」を押しながら「iPhoneを復元」を選択します
  6. ③の方法でダウンロードした「iOS10.3.3」または「iOS10.3.2」のファームウェア(.ipswファイル)を選択します
  7. 「iTunes」の画面内に「iPhoneの内容は消去され、「iOS10.3.3」(もしくは「iOS10.3.2」)ソフトウェアで復元されます。復元はAppleによって検証されます」と表示されるので、「OK」を選択します
  8. 「Windows」または「Mac」を搭載したパソコンに接続済みのiOSデバイスの認証がApple側で自動認証後に、ダウングレードが開始されます→「iPhone(iPad)」が自動的に再起動し、iTunesに『新しいiPhoneへようこそ』と表示→『このバックアップから復元』を選択→②の作業であらかじめ作成したバックアップや最新のバックアップを選択し、復元が完了したら終了です
  9. 【追記】:『ホーム画面』→『設定アプリ』→『一般』→『情報』→『バージョン』から「iOS10.3.3」もしくは「iOS10.3.2」になっていたら成功です
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑