【解決】Instagramでライブ配信を録画/保存できない場合の対処設定方法(iPhone対応)

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone7』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているSNSアプリ「Instagram(インスタグラム)」を最新バージョンにアップデート後に「『LIVEモード』新機能でライブストリーミング時に配信されている映像や動画をダウンロード保存できない!リアルタイム録画できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で発生しています

【解決】Instagramでライブ配信を録画/保存できない場合の対処設定方法(iPhone対応) 1x1.trans

 下記が『【解決】「Instagram」アプリでライブ配信を録画/保存できないバグ不具合障害の対処設定方法(iPhone編)』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「Safari」もしくは「Chrome」などのブラウザで「iEmulator」にて公開されている「AirShou」の配信ページの「Install」を選択します
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「プロファイルとデバイス管理」を選択→「エンタープライズApp」から①でインストールしたプロファイルの「〜を信頼」を選択し、「AirShou」をアプリをインストールすることができます
  3. 「ホーム画面」→「AirShou」を起動→「録画」→「次のステップ」を選択→「コントロールセンター」を起動します
  4. 「コントロールセンター」の「AirPlay」を選択→「AirShou」を選択し、「ミラーリング」をオンにし、「AirShou」を選択することで録画が開始されます
  5. 「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「ライブ配信」を選択し、録画を終了する場合は「ホーム画面」→「AirShou」を起動→「中止」を選択してください
  6. 【上記の設定でも失敗する場合:「ホーム画面」→「AppStore」から「Instagram」を最新バージョンにアップデートします
  7. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド(マルチタスク)画面から「AirShow」アプリを上にスワイプし、アプリを再起動します(iPhoneの場合)
  8. 「電源(スリープ)ボタン」と「ホームボタン(音量ボタン)」を同時押し→iOSデバイスを強制的に再起動後に、同じ設定を行ってください
  9. 【追記】:上記のアプリは非公式アプリとなっており、ご使用については自己責任でお願いします。万が一トラブルなどが発生した場合、当サイトは一切責任を負いませんので注意してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑