【解決】Instagramで動画/画像に位置情報を後から追加できない場合の対処設定方法

 Appleから発売されている最新モデル「iPhone7Plus」や「iPhone6S」などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているSNSアプリ「Instagram」を利用している際に「アップロード済みの動画や画像に後から位置情報を追加できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。

【解決】Instagramで動画/画像に位置情報を後から追加できない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】Instagram(インスタグラム)で動画や画像に位置情報を後から編集できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「Grab for Instagram」をダウンロード&インストールします
  2. 「ホーム画面」→「Instagram」を開く→「タイムライン(画面左下)」から自分の投稿の「・・・」を選択→「編集」を選択します
  3. 「編集」画面にて「位置情報を追加」を選択→「位置情報」の「検索」画面から追加したい位置場所を検索→「キーワード」を選択→画面右上の「完了」を選択したら完了です
  4. 【注意】上記の設定でも「位置情報を後から追加できない」場合は、「ホーム画面」→「設定アプリ」→「プライバシー」→「位置情報サービス」→「Instagram」をオンにします
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑