【解決】GoogleChromeでYouTubeを見れない/再生できないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2016/12/15 Chromeの使い方, YouTube, まとめ記事, サービス, 神アプリ

  Googleが運営している大手動画投稿サイト「YouTube」に投稿されている動画をWindowsやMacを搭載したパソコン向けにリリースされているサードパーティ製ブラウザ「GoogleChrome」で視聴する際に「アップロードされた動画が見れない!再生できない!閲覧できない!」などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです。

【解決】GoogleChromeでYouTubeを見れない/再生できないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【手順】GoogleChromeでYouTube内の動画を視聴できないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 【その①】:「デスクトップ画面」→「GoogleChrome」を開く→「アドレスバー」上部に「Chrome://plugins/」と入力します
  2. 「プラグイン」一覧画面にて「AdobeFlashPlayer」をオフにし、「GoogleChrome」を再起動させます
  3. 【その②】:「デスクトップ画面」→「GoogleChrome」を開く→「DisableYoutubeHTML5Player」というアドオンをインストールします
  4. 「デスクトップ画面」→「GoogleChrome」を開く→「その他」→「設定」→「拡張機能」→「DisableYoutubeHTML5Player」を「有効化」します
  5. 「デスクトップ画面」→「スタートメニュー」→「電源オフ」、もしくは「再起動」を選択します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑