ジェネリック電化製品のデメリット&家電芸人が教えないおすすめメーカー商品まとめ

公開日: : 最終更新日:2015/08/23 まとめ記事, ライフハック, 新商品

 2015年4月まで新学期・新年度になり、新生活を始めた新社会人や学生が初めて一人暮らしをする際に困るのが「家電製品」ですよね・・。最近では、大型家電量販店や価格.comなどのショッピングサイトなどで「新生活には安くて高品質な『ジェネリック家電製品』がオススメ!」などの宣伝をよく見かけます。

ジェネリック電化製品のデメリット&家電芸人が教えないおすすめメーカー商品まとめ 1x1.trans

 下記が『「ジェネリック家電製品」を購入する前に必要な基本知識や注意点』などについてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  • 『ジェネリック家電製品』を購入することのメリットや良い点のまとめ
  1. ソニーやシャープ、パナソニック、東芝などから販売されている家電製品よりかなり安く購入することが可能
  2. 「必要最低限」の機能しか要らない家電製品が欲しい人にはオススメ。最新技術を体験したい人には不向き
  • 『ジェネリック家電製品』を購入することのデメリットや悪い点のまとめ
  1. 初期不良などの不具合が生じた際の商品保証やアフターケアが大手メーカーより待遇が悪いことが多い
  2. ほとんどのジェネリック家電製品は、中国やアジア圏内で製造されているので中には粗悪品が混ざっている可能性が高い
  3. 外付けHDDドライブやDVDデッキ、ビデオデッキなどと組み合わせて使う場合に周辺機器や本体に悪影響を及ぼす場合がある
  • 『ジェネリック家電製品』を取り扱っている主要なメーカーとオススメ商品
  1. 山善:扇風機やヒーターなどの商品を主に販売している。最安値は2000円前後で購入することが可能
  2. ツインバード:軽い・自立する・吸引力が高い掃除機などを販売している。最安値は3000円前後で購入することができる
  3. オリオン電機:32型でBS・CS放送にも対応しているテレビなどを販売している。最安値は15000円前後で購入するができる
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑