【解決】Android4.4のバッテリー異常消費/動作が重いバグ不具合の対処設定方法

公開日: : Android, まとめ記事

 現在、多くの日本のユーザーが購入している「格安SIM(MVNO)」 サービスを利用した「格安スマホ」では、ほとんどのOSのバージョンが「Android4.4(kitkat)」や「Android 4.0(JellyBean)」をとなっており、『バッテリーの異常消費スピードが早い!動作が他のAndroidスマホより重い』などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に報告されているようです

【解決】Android4.4のバッテリー異常消費/動作が重いバグ不具合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「Android4.4/4.3/4.2/4.1/4.0」アップデート後のバッテリー異常消費や動作が重いバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「位置情報」→「オートGPSの有効化」をオンにします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「位置情報」→「モード」→「バッテリー節約」をオンにします
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「広告」→「インタレストベースの広告をオプトアウト」にチェックを入れます
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「バックアップとリセット」→「データのバックアップ」のチェックを外します
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「セキュリティ」→「端末管理者」→「Androidデバイスマネージャー」のチェックを外します
  6. 「ホーム画面」→「GooglePlayストア」→「設定」→「アプリの自動更新」をオフにします
  7. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→「GooglePlay開発者サービス」の「アップデートをアンインストール」を選択します
  8. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「ストレージ」→「キャッシュデータの消去」を選択します
  9. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ」→「LTE」回線から「3G」回線を利用する
  10. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「ビルド番号」を10回押す→「開発者オプション」を表示します
  11. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「開発者オプション」→「ウィンドウアニメスケール」や「トランジションアニメスケール」「Animator 再生時間スケール」を変更します
  12. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「開発者オプション」→「GPU レンダリングを使用」を有効化します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑