【解決】Windows10でiPhoneが認識しないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : iPhone6, Windows10, まとめ記事

 先日、Appleから発売されている最新モデル『iPhone6SPlus』や『iPadPro』などのiOSデバイス向けにリリースされた大型アップデートバージョン『iOS9』や『iOS8』にアップデート後に、「Windows10を搭載したパソコンにLightningケーブルを接続したのに認識されないなどのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているそうです。【解決】Windows10でiPhoneが認識しないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans 下記が『【解決】Windows10でiPhone6S/5Sが認識されないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【iPhone側】:「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップデートします
  2. 【iPhone側】:「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOSデバイスを強制的に終了します
  3. 【Windows側】:「デスクトップ画面」→「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「iTunes」をアンインストールし、再度公式サイトから「iTunes」をダウンロード&インストールします
  4. 【Windows側】:「デスクトップ画面」→「コントロールパネル」→「プログラムと機能」→「Apple Mobile Device Support」をアンインストールし、再度「iTunes」からインストールします
  5. 【Windows側】:「デスクトップ画面」→「コントロールパネル」→「Windows」キーと「R」キーを押す→「Service.msc」と入力します
  6. 「Apple Mobile Device Support」を右クリック→「プロパティ」画面の「全般」から「停止」と「開始」を交互に選択します
  7. 【Windows側】:「デスクトップ画面」→「コントロールパネル」→「Windows」キーと「R」キーを押す→「devmgmt.msc」と入力します
  8. 「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」を選択→「Apple Mobile Device USB Dliver」を選択→「削除」を選択します
  9. 「このデバイスのドライブソフトウェアを削除する」のチェックを外し、「OK」を選択します
  10. 「ユニバーサルシリアルバスコントローラ」を右クリック→「ハードウェア変更のスキャン」を選択します
  11. 【Windows側】:「デスクトップ画面」→「設定」→「更新とセキュリティ」→「WindowsUpdate」→「更新プログラムのチェック」を選択します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑