【解決】Twitterで自分のスペースを開始/公開できない場合の対処設定方法

公開日: : まとめ記事, ツイッターの使い方

 iPhoneやAndroidで人気のSNSアプリ『Twitter』を利用中に「アプリ内のログインしているアカウントにて『スペース』を開始できない!公開できない!」などの方法が分からない一部のユーザーが発生しているようです 下記が『【解決】「Twitter」アプリで自分のアカウントから「スペース」を開始できない場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 【その①】:「ホーム画面」→「Twitter」アプリを開く→「家マーク(画面左下)」タブを選択し、「ツイートボタン(画面右下)」を長押し、「紫ボタン」を押します
  2. 「スペース」画面にて「タイトル」を入力→「スペースを開始」を選択することにより、相手のタイムライン上に自分の放送が◯アイコンで表示されます
  3. 「タイムライン」画面にて「まだ他のユーザーはいません(画面下部)」を選択→「・・・」を選択→「設定」を選択します
  4. 「発言できる参加者」画面にて「全員」「フォローしているアカウント」「スピーカーとして招待したアカウントのみ」を選択します
  5. 【その②】:「ホーム画面」→「Twitter」アプリを開く→「三(画面左上)」→「設定とプライバシー」→「プライバシーとセキュリティ」を選択します
  6. 「プライバシーとセキュリティ」画面にて「ツイートを非公開にする」をオフにしてください
  • 上記の設定でも「Twitter」上の問題を解決できない場合の設定方法についてのまとめです
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」の「アップデート」から「Twitter」アプリを最新版にアップデート更新してください
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」の「検索」から「Twitter」アプリの「詳細」からiOS・Androidのバージョンに対応していることを確認してください
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新OSにアップデートしてください(iPhoneの場合)
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新OSにアップデートしてください(Androidの場合)
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリと通知」→「Twitter」アプリの「キャッシュを消去」もしくは「強制終了」を選択します(Androidの場合)
  6. 「ホーム画面」の「戻る(画面右下)」を選択→マルチタスク画面から起動中のアプリを横にスワイプし、動作を停止します(Androidの場合)
  7. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から起動中のアプリを上にスワイプし、アプリを再起動させます(iPhoneの場合)
  8. 「電源ボタン」と「音量ボタン(−)を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再起動に試してください(iPhoneの場合)
  9. 「電源ボタン」を長押し→「再起動」または「シャットダウン」からAndroidデバイスを再起動後に試してください(Androidの場合)
  10. 【追記】:上記でも解決しない場合は、「Twitter」側のサーバーに障害が発生しているかもしれませんので、公式サイトなどに直接問い合わせてください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑