今年待ち望んだ「MacBook Air With Retina」が発売開始!?見た目も大幅進化!!?

公開日: : 最終更新日:2014/11/23 Mac

本日、MacRumorsというサイトにて、アナリスト“Daniel Matte”氏が自身のブログ内にて、「Retinaディスプレイ」を搭載した『MacBook Air』のディスプレイサイズは11.88インチになると予想している事を伝えています。さらに、同製品のベゼルも現行より狭くなる可能性があるようです。

今年待ち望んだ「MacBook Air With Retina」が発売開始!?見た目も大幅進化!!? 1x1.trans


 「MacBookAir with Retina」版については去年10月、Apple関連の情報には定評があるKGI証券のアナリストのMing-Chi Kuo氏などの数々の予想がなされていましたが、多くの方々は同製品は2014年に12インチのRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」が発売されるだろうと予想していました。

 現行の「MacBook Air」の解像度は1366×768ピクセルのディスプレイを採用しており「MacBook Air with Retina」は4倍の2732×1536ピクセルのディスプレイを採用し、そのサイズは11.88インチ(264ppi)になると予想しています。

 本サイト内では、「MacBook Air with Retina」版についてまとめた記事についてはこちらの記事を参考にしてください。

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑