【裏技】重くなってしまった『Mac』を無料で劇的に高速化する方法をまとめてみた!!

公開日: : 最終更新日:2015/07/04 Mac, まとめ記事

 MacはWindowsに比べて、動作が素早く使いやすい所が最大のメリットですが、利用頻度が多くなっていくと段々動作が鈍くなっていきます。せっかく『Mac』を使うなら、『最速』で使いたくないですか??
 
【裏技】重くなってしまった『Mac』を無料で劇的に高速化する方法をまとめてみた!! 1x1.trans
 そこで今回は、「『Mac』初心者が最初にやるべき『Mac』を劇的に高速化する裏技」をまとめていきたいと思います。
【スポンサーリンク】

【設定方法】

1.『OnyX』をインストールする

Macの定番フリーソフト『OnyX』は、あなたのMac内にある不要なシステムファイル、キャッシュ、ログファイルを削除することができます。

各種設定→Finder→『ウィンドウのズーム』『情報ウィンドウのアニメーション』をオフ
各種設定→一般→『シートダイアログの表示速度』を『超高速』
各種設定→一般→『ウィンドウを開く時にグラフィックエフェクトを表示』をオフ

2.『Mac』全体を『英語化』する

元々、英語で作成されている『Mac』なので、当然『日本語』化することで従来通りのスピードで利用することができます
*『システム環境』→『言語環境』→『言語』→『英語』を選択

3.『Safari』の『Favicon』を切って高速表示を実現

『Finder』→『アプリケーション』→『ユーティリティ』→『ターミナル』を選択
下記のコマンドを入力する
「defaults  write com.apple.Safari WebIconDatabaseEnabled -boolean false」
コマンド入力後、Safariが再起動するとWebアイコンの表示がなくなります
4.不要なアプリを削除する
不要なアプリがバックグラウンドに起動し、メモリを圧迫するという場合が考えられるため使わないアプリは基本的に削除するようにしましょう。
*アプリのクリーンインストールには『AppCleaner』がオススメです
5.不要な『言語ファイル』を削除する
大体の方は、『日本語』と『英語』以外の言語ファイルを利用することはないので、削除してもいいです。
*言語ファイルの削除には『Monolingual』がオススメです
6.『アクティビティモニタ』を起動する
『Finder』→『アプリケーション』→『ユーティリティ』→『アクティビティモニタ』を起動
バックグラウンドにどんなアプリが動作しているのか分かるので便利です
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑