無料・野良(Wi-Fi&LAN)に接続することの危険性と主な対策についてまとめた!

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 Android, iPad, iPhone, Mac, Nexus, まとめ記事

 皆さんは、スマートフォンやPCを持って外出する際に、『Wi-Fi』モードを接続したままにしていませんか??どうしてもお家で無線LANを利用していると、そのままの設定で外に出てそこら辺の『野良Wi-Fi』に接続しがちですよね・・。でもそれって凄い危険なんです!!

【スポンサーリンク】

 そこで今回は、『野良Wi-Fiに接続してはいけない主な理由と対策』をまとめてみた!!

【『野良Wi-Fi』とは?】

 無線Wi-Fi(LANスポット)のうち、公共施設などが運営し、開放している訳ではなく、セキュリティロックが行われておらず、無償でネットワークに接続することができるアクセスポイントのことをいう。

【何で接続したらいけないの?】

1、暗号化されているWi-Fiスポットを無理矢理パスワードを解読した場合、違法になる可能性が高い

2、暗号化されていないWi-Fiに接続した時、その通信内容が丸見えなのでセキュリティの側面からしてもかなり危険性が高く、個人情報が漏洩する可能性がかなり高い

【これが危険な『野良Wi-Fi』の目印だ!】

1、ネットワーク名が『Free』や『Public』などの文字が使用されている

2、本来設定されているはずの『パスワード』が設定されていない

【主な対策】

1、外に出ている時は、公共施設以外では『Wi-Fi』モードを切る

2、基本的に『Wi-Fi』に接続した状態で『https://』から始まるパスワードなどを入力するページにアクセスしない

3、PCを使っている場合は、コントロールセンターから『共有』設定を見直す

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑