消してしまったiPhoneのデータ復元バックアップする設定方法

公開日: : 最終更新日:2015/07/03 iPhone, iPhone6, まとめ記事

iPhoneやiPadなどのiOSデバイスを利用していると、間違って写真や連絡先、メッセージ、ブックマーク、通話履歴などのデータを消してしまった!ということありませんか?通常はiTunesでバックアップの作成をしておかないと復元は不可能です!しかし、色々なフリーソフトや有料ソフトを使うことで復活するようです。

消してしまったiPhoneのデータ復元バックアップする設定方法 1x1.trans

 下記が『万が一「iPhone」「iPad」などのiOSデバイス内にあるファイルやフォルダを消してしまった時にデータ復元する使い方』のまとめです。(今回紹介するフリーソフト・有料ソフト利用して生じた被害、損害に関して当サイトは一切責任を負いません。ご利用は自己責任でお願いします。)

【スポンサーリンク】
  1. 『iPhoneデータ復元』をインストール後、データを復旧したいiOSデバイスをお使いのPCに接続します
  2. 画面に『iPhone』の『開始』ボタンを選択し、分析が開始されます
  3. 分析後、カメラ、連絡先、メッセージ、通話履歴、カレンダー、ブックマークなどのプレビューと復元ボタンが表示されるので『復元』ボタンを選択します
  1. 『EaseUS Mobisaver』をインストール後、データを復旧したいiOSデバイスをお使いのPCに接続し、『スタート』ボタンを選択します
  2. 画面内の『詳細設定モード』の『開始』ボタンを選択し、分析が開始されます
  3. 分析後、カメラ、連絡先、メッセージ、通話履歴、カレンダー、ブックマークなどのチェック欄が表示されるので、適宜チェックしていき『復元』ボタンを選択します
  1. Dr.Fone for iOS(Win版)』をインストール後、データを復旧したいiOSデバイスをお使いのPCに接続し、『スタート』ボタンを選択します(iPhone4、iPhone3GSは別のプラグインが必要)
  2. 処理が開始されると、バックアップファイルのスキャンが開始されます。カテゴリ別やファイル別に表示されます
  3. 削除された復元したいデータをチェック欄からチェックし、『開始』を選択することでデータの復元が開始されます。

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑