「iPhone6S/6SPlus」のカメラのスペック仕様がリーク!1200万画素&RGBWセンサー搭載!

公開日: : 最終更新日:2015/06/08 iPhone7, 新商品

先日、Cult of Macというサイトによると、Appleから2015年内にも発売することが予想されている新型モデル『iPhone6S』『iPhone6SPlus』に搭載される予定のカメラは、従来の800万画素から1200万画素に変更され、SONY製「RGBWコーティング技術」付きのセンサーを採用されることになると報告しています。

「iPhone6S/6SPlus」のカメラのスペック仕様がリーク!1200万画素&RGBWセンサー搭載! 1x1.trans

 これまで、高画質のカメラに関しては「ピクセル数」が増加すると同時に、暗い場所での撮影を行った際にノイズが発生するデメリットがあると指摘されています。そうした問題を解決するために、SONY製の「RGBWコーティング技術」付きのイメージセンサーを搭載することにより、暗い場所での撮影も可能になると報告しています。(ちなみに、これまで噂されてきた「光学ズーム」機能を備えたデュアルレンズカメラの採用は低いようです)

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑