iPhone6SPlus/7はフルHD&薄型化?1200万画素のリアカメラを搭載済み?

公開日: : 最終更新日:2015/05/18 iPhone7, 新商品

先日、Drip Leaksというサイトによると、Appleから2015年内にも発売することが予想されている新型モデル『iPhone6S/Plus(iPhone7)』は、ディスプレイとリアカメラの性能がアップグレードし、両モデルとも『フルHD(1920×1080)』の解像度(441ppi)に対応し、リアカメラも『12メガ(1200万画素)ピクセル』に大幅向上、プロセッサには『A9』、本体の厚さはより薄型化、新機能の「フォースタッチテクノロジ」が採用されることになると報告しています。

iPhone6SPlus/7はフルHD&薄型化?1200万画素のリアカメラを搭載済み? 1x1.trans

 他にも同サイトによると、次期モデル『iPhone6S/Plus(iPhone7)』は現行モデル『iPhone6/6Plus』の厚さは「6.9mm」となっていますが、そこから「0.2mm」薄型化された「6.7mm」になる可能性が高くなると報告しています。

 これまで当サイト『ガジェットまとめ動画速報』内では『次期モデル『iPhone6S/7』のスペックサイズ&発売日の最新リーク噂情報の総合まとめ』の記事内でも紹介した通り、順調に行けばこれまでの『iPhone』シリーズと同様の『2015年9月8日』頃には正式発表されることになると予想されています。

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑