iPhone6S(iPhone7)の噂・リーク情報やデザイン機能まとめ

公開日: : iPhone7

先日、MacworldというサイトがAppleから2015年にも発売することが予想されている『iPhone6S(iPhone7)』に関する噂やリーク情報についてまとめています。

iPhone6S(iPhone7)の噂・リーク情報やデザイン機能まとめ 1x1.trans

 下記が同サイトが今の時点で予想している『iPhone6S(iPhone7)のスペックや新機能についての噂まとめです。

  • 【ディスプレイのサイズについて】

 ディスプレイサイズは、現在発売されている『iPhone6』『iPhone6 Plus』に採用されてい5.7インチ、5.5インチから変更なし

  • 【ディスプレイのデザインについて】

 ディスプレイデザインも『iPhone6』と同様の丸みを帯びたデザインを踏襲し、仮にデザインを変更する場合は、現在Samsungから発売されている『GALAXY Note Edge』に採用されている『サイドウォール・デザイン』になるかもしれない?

  • 【ディスプレイの素材について】

 これまでAppleは数多くの物質をiPhoneやiPadなどのiOSデバイスのディスプレイに採用してきました。特に噂されてきたのは『サファイアガラス』と『リキッドメタル』の2つであり、今後の大きな注目点といえます。

  • 【新機能や周辺機器について】

  

 上記のような『USB端子』の方向がどちらでも挿入することが可能な仕様の充電器や顔面認証システム、ホームボタンの廃止などを予想しています。

  • 【『iPhone7』?『iPhone6S』について】

 これまでの『iPhone』シリーズの名称の法則から察するに、『iPhone5』→『iPhone5S』のように『iPhone6』→『iPhone6S』になる可能性が高いと考えられますが、同サイトによると、Appleは2015年次期モデルは『iPhone7』と発表する可能性が高いと予想しています。

【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます!

PAGE TOP ↑