【解決】iOS9のiPhone4S/iPad2が重い・遅い不具合バグ障害の対処設定方法

公開日: : iOS9, iPad, iPhone, まとめ記事, サービス

本日、Appleから最新モデル『iPhone6S』『iPadmini4』や旧モデル『iPhone4S』や『iPad2』などのiOSデバイス向けにリリースされた最新アップデートバージョン『iOS9.0』ですが、アップデート直後に一部のユーザー間で「iOS8やiOS7と比較しても動作が重い起動が遅い・速くならない」などのバグ不具合障害が発生しているそうです

【解決】iOS9のiPhone4S/iPad2が重い・遅い不具合バグ障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「iOS9.0」アップデート後に「iPhone4S」や「iPad2」などの旧モデルのiOSデバイスを高速化・軽くする裏技設定方法』についてのまとめです。

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「コントラストを上げる」→「透明度を下げる」をオンにする
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「アクセシビリティ」→「視差効果を減らす」をオンにする
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「使用状況」から不要なアプリを削除・アンインストールする
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「プライバシー」→「位置情報サービス」をオフにする
  5. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面内にて動作しているiOSデバイスを停止する
  6. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOSデバイスが強制的に再起動します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑