【解決】iOS9.3.1でWi-Fi/公衆無線LANに接続できない・遅いバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2016/05/17 iOS9, まとめ記事

 本日、2016年4月1日、Appleから発売されている新型モデル「iPhone6SPlus」や「iPadPro」などのiOSデバイス向けにマイナーアップデートバージョン「iOS9.3.1」が正式リリースされました。同バージョンでは「Safari」でURLをタップした際にアプリが開かない・落ちるなどのバグ不具合が修正されています。

【解決】iOS9.3.1でWi Fi/公衆無線LANに接続できない・遅いバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】iOS9.3.1アップデート後にWi-Fi・公衆無線LANに接続できない・繋がらないバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「バッテリー」→「低電力モード」をオフにします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」→「Wi-Fiアシスト」をオフにします
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」→「インターネット共有」をオフにします
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「モバイルデータ通信」→「LTE回線を使用」→「データ通信」を選択します
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外の接続先を選択します
  6. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポットの「DNS」欄を「8.8.8.8」に変更し、「DHCPリースを更新」を選択します
  7. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」→「接続を確認」をオフにします
  8. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「機内モード」をオン・オフを繰り返し、もしくは「コントロールセンター」から「機内モード」をオン・オフを繰り返します
  9. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「ネットワーク設定をリセット」を選択します
  10. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「リセット」→「すべての設定をリセット」を選択
  11. 「ホームボタン」と「電源ボタン」を同時押し→iOSデバイスが強制的に再起動します
  12. 【追記】新バージョン「iOS9.3.1」を旧バージョン「iOS9.3」にダウングレードしたい場合は「こちらの過去記事」を参考にしてください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑