【解決】iOS12のベータ版をiPhoneにインストールできない場合の対処設定方法

公開日: : iOS11, iPhone, まとめ記事

 Apple社から発売中の「iPhoneX」や「iPadPro」向けにリリースされている最新バージョン「iOS12」のパブリックベータ版をiOSデバイスにダウンロードできない!インストールできないなどの使い方や対処方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです。

【解決】iOS12のベータ版をiPhoneにインストールできない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【手順】iOS12ベータ版をiPhoneにダウンロード/インストールできない場合の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「Safari」から「AppleBetaProgram」ページにアクセスし、「登録」を選択し、「iOS12」のパブリックベータ版をインストールしたいiOSデバイスの「AppleID」の『メールアドレス』と『パスワード』を入力する→「Sign in」を選択してください
  2. 「パブリックベータ版の利用規約」画面が表示されるので、「承諾」を選択してください
  3. 「はじめよう」画面の「お使いのiOSデバイス登録」を選択し、「プロファイルをダウンロードします」画面の「プロファイルをダウンロード」を選択してください
  4. 「このWebサイトは『設定』を開いて構成プロファイルを表示しようとしています。許可していますか?」画面にて「許可」を選択してください
  5. 「プロファイルをインストール」画面にて「インストール(画面右上)」を選択し、「承諾」画面にて「インストール(画面右上)」を選択し、「再起動」を選択してください
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から「iOS12 Public beta」画面にて「今すぐインストール」を選択してください
  • 上記の設定でもiPhone・iPad・iPodtouchにて発生している問題が解決しない場合は下記の方法を参考にしてください
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」の「アップデート」から全てのアプリを最新バージョンにアップデートしてください
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにてアップデートしください
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ストレージ」からiOSデバイス本体の空き容量を確認してください
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ストレージ」から「AppStore」以外のアプリをアンインストールしてください
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「iCloudとストレージの使用状況」から空き容量を確認し、「AppStore」内にて配信されていない古いバージョンのアプリをアンインストールしてください
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「リセット」→「スライドで電源オフ」からiOSデバイスを再起動後してください
  7. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「システム終了」を選択することにより、iOSデバイスの電源を落とせます
  8. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から全てのアプリを上にスワイプし、アプリを再起動させます
  9. 「電源ボタン」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再起動に試してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑