【解決】iOS12で「AirDrop」機能で接続を無効化できない場合の対処設定方法

公開日: : iOS12, iPhoneX, まとめ記事

 Appleから発売中の『iPhoneXS』や『iPhoneXSMAX』シリーズなど向けに『iOS12』にアップデート後に「相手側のiOSデバイス間でデータを共有・転送できる『AirDrop』機能を無効化できない!停止できない!」などの使い方や設定方法が分からない一部のユーザーが慢性的に発生しているようです。

【解決】iOS12で「AirDrop」機能で接続を無効化できない場合の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】iOS12で『AirDrop』機能を無効化/非表示にできないの対処設定方法』についてのまとめです
【スポンサーリンク】
  1. 【その①】:画面下部から上部にスワイプし、「コントロールセンター」を開く→「AirDrop」を選択し、「受信しない」を選択します
  2. 【その②】:「ホーム画面」→「設定」→「スクリーンタイム」→「コンテンツとプライバシーの制限」を選択します
  3. 「コンテンツとプライバシーの制限」画面にて「許可されたApp」の「AirDrop」をオフ(白色)に変更してください
  • 上記の設定でもiOS12のiPhone・iPad・iPod touchでも解決しない場合は下記の方法を参考にしてください
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」の「アップデート」から端末内のアプリを最新バージョンに更新してください
  2. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップデートしください
  3. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ストレージ」から使用しているiPhone・iPad本体の空き容量を確認してください
  4. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「ストレージ」から「AppStore」以外のアプリを削除してください
  5. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「iCloudとストレージの使用状況」から本体の空き容量を確認し、「AppStore」内にて配信していないアプリをアンインストールしてください
  6. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「リセット」→「スライドで電源オフ」を選択し、iPhone・iPad本体を再起動してください
  7. 「ホーム画面」→「設定」→「一般」→「システム終了」を選択し、iOSデバイス本体を再起動させます
  8. 「電源ボタン」を長押し→「スライド電源をオフ」を右にスワイプし、iOSデバイスの電源を終了し、再起動に試してください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑