【解決】DropBoxアプリが開かない/起動しないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : 最終更新日:2016/04/26 まとめ記事, 神アプリ

 Appleから発売されている最新モデル『iPhone6SPlus』や『iPadmini4』などのiOSデバイスやAndroidスマートフォン・タブレット向けにリリースされているファイル共有アプリ『DropBox』を最新バージョンにアップデート・インストール後、『アプリ起動時に固まる!ログインできない!強制終了する!画像・動画ファイルを保存できない!』などのバグ不具合障害が一部のユーザー間で慢性的に発生しているようです

【解決】DropBoxアプリが開かない/起動しないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

  下記が『【解決】「DropBox」アプリが起動しない/落ちる/開かない/重いバグ不具合障害の対処設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「AppStore」もしくは「GooglePlayストア」から「DropBox」アプリを最新バージョンにアップデートします
  2. 「ホーム画面」→「AppStore」→「DropBox」の「詳細」画面に自分のインストールしているOSのバージョンが対応しているかを確認します
  3. 「ホーム画面」→「AppStore」→「おすすめ」→「AppleID」→「メールアドレス」から一度サインアウトし、再度同一アカウントにログインします
  4. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「情報」から現在利用しているiOSのバージョンを確認します
  5. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(iPhoneの場合)
  6. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「端末情報」→「システム・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします(iPhoneの場合)
  7. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→「DropBox」→「キャッシュを消去」と「データを消去」を選択します(Androidの場合)
  8. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「アプリケーション」→「DropBox」→「アップデートのアンインインストール」を選択します(Androidの場合)
  9. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ストレージとiCloudの使用状況」→「ストレージを管理」でiOSデバイスの空き容量を確認します
  10. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外の接続先を選択します
  11. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポットの「DNS」欄を「8.8.8.8」に変更します
  12. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「機内モード」をオン・オフを繰り返し、もしくは「コントロールセンター」から「機内モード」をオン・オフを繰り返します
  13. 「ホームボタン」と「スリープボタン」を同時押し→iOS/Androidデバイスを強制的に再起動します
  14. 「ホームボタン」を2回押す→バッググラウンド画面から動作しているアプリを上にスワイプし、アプリの動作を停止します
  15. 【追記】:最新バージョン「iOS9.3.1」を旧バージョン「iOS9.3」にダウングレードしたい場合は「こちらの過去記事」を参考にしてください
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【この記事も読まれています!】
PAGE TOP ↑