【解決】AppleWatchでソフトウェアアップデートができないバグ不具合障害の対処設定方法

公開日: : Apple, AppleWatch, まとめ記事

 昨年、Appleから発売された新型ウエアラブルデバイス「AppleWatch(第1世代)」向けにリリースされた最新バージョン「WatchOS 2.2.1」が公開されており、同バージョンは細かなバグ修正、パフォーマンスの向上などが行われているようです。同デバイスで初めてのアップデートということもあって、やり方が分からないユーザーなどが慢性的に発生しているようです。

【解決】AppleWatchでソフトウェアアップデートができないバグ不具合障害の対処設定方法 1x1.trans

 下記が『【解決】「AppleWatch」のソフトウェア・アップデート(OS)をアップグレード更新できないバグ不具合障害の対処設定方法」についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  1. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」から最新バージョンにアップグレードします
  2. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「Wi-Fi」から現在接続している公衆無線LAN・Wi-Fiスポット以外を接続します
  3. 「ホーム画面」→「設定アプリ」→「機内モード」をオン・オフを繰り返し、もしくは「コントロールセンター」から「機内モード」をオン・オフを繰り返します
  4. 「ホーム画面」→「AppleWatch」→「一般」→「ソフトウェア・アップデート」→「ダウンロードとインストール」を選択します
  5. 「パスコードを入力」→「利用規約」を「同意する」を選択→「AppleWatchにダウンロード中」→「インストール」を選択したら完了です
  6. 【追記】:上記の設定でも「AppleWatch」のソフトウェア・アップデートが開始できない場合は、本体のバッテリー充電が「50%」以上になっていることを確認し、何回か再起動します
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑