【解説】「Kindleダイレクト・パブリッシング」で自分の電子書籍/本を自費出版する設定方法

公開日: : 最終更新日:2017/01/25 まとめ記事, サービス, 神アプリ, 電子書籍サービスの使い方

 Amazonが運営している公式ストア『Amazon.co.jp』内では『iPadAir2』や『iPadmini3』などのiOSデバイスや『Nexus』『Xperia』『GALAXY』『ARROWS』などのAndroidスマートフォン・タブレットで読書が楽しむことができる『電子書籍』の販売をKindle向けに行われているのは皆さんご存知だと思います!しかし!なんと『電子書籍』自費出版することも可能なんです!

【解説】「Kindleダイレクト・パブリッシング」で自分の電子書籍/本を自費出版する設定方法 1x1.trans 下記が『【解決】Amazon Kindle専用の電子書籍本を自費出版する「Kindle ダイレクト・パブリッシング」の手順と設定方法』についてのまとめです

【スポンサーリンク】
  • 「Kindleパブリッシング」に対応した電子書籍の形式ファイルまとめ
  1. 【Word】: docまたはdocx(注意)日本語版の本の受付は試験的に実施中)
  2. 【HTML】:圧縮済み(Zip形式)のHTML、.htmまたはhtml
  3. 【ePub】 : epub
  4. 【XMDF】 : 圧縮済み(Zip形式)のXMDF
  • 「Kindleパブリッシング」に自分の電子書籍を発売・販売するまでの手順から流れ
  1. 「Kindleパブリッシング」にログイン→通常の「Amazon.co.jp」にログインする際のメールアドレスとパスワードを入力します
  2. 「KDPに必要なアカウント情報が不完全です」と表示された場合は、「出版社名」、「住所」、「支払先」の登録を入力します
  3. 「新しいタイトルを追加」→電子書籍ファイルをアップロード→「保存して続行」を選択します
  4. 「販売地域」と「販売価格」を設定→「保存して出版」を選択(注意)通常はAmazon側が48時間以内に審査が終了する予定です
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑