新型モデル「iPhone6S/6SPlus」はA9チップ/RAM2GB/1200万画素のカメラを搭載?スペック仕様がリーク!

公開日: : iPhone7, 新商品

先日、TechNews経済日報というサイトによると、Appleから2015年内にも発売することが予想されている新型モデル『iPhone6S/6SPlus(仮称)』は、最新プロセッサ「A9チップ」を搭載し、RAM(メモリ)には「2GB(LPDDR4メモリ)」を搭載することになるとKGI証券のMing-chi kuo氏が箇条書きでリーク報告しています。

新型モデル「iPhone6S/6SPlus」はA9チップ/RAM2GB/1200万画素のカメラを搭載?スペック仕様がリーク! 1x1.trans

 下記が同氏が公開している次期モデル『iPhone6S』『iPhone6SPlus』の詳細なスペック仕様のリークまとめです。

  1. ディスプレイサイズ/解像度は両モデルとも現行モデル「iPhone6/6Plus」から変更なし(「iPhone6S」は4.7インチ、「iPhone6SPlus」は5.5インチ)
  2. 「iSight」正面カメラの画素数が1,200万画素(12メガピクセル)に
  3. 新色カラーとして「ローズゴールド(ピンク・ゴールド)」モデルが追加
  4. 「AppleWatch」搭載済みのForce Touch(感圧タッチディスプレイ)を採用
  5. 最新モデルではデバイスの強度を増す為に新しい素材(7000シリーズアルミニウム)を採用(現行モデルより60%向上)
  6. 「iPhone6SPlus」の一部のモデルの保護ガラスにサファイアガラスを採用を検討中
  7. 「iPhone6SPlus」のサファイアモデルは数量限定のリミテッドエディションとなる
  8. 指紋認証システム「Touch ID」の認識精度の向上、ジェスチャーコントロールの追加、スピーカー近くにマイクが移動
  9. 両モデルの量産時期は2015年8月下旬から開始
  10. 新型モデル4インチの「iPhone 6S/iPhone6C」はリリースされない
【スポンサーリンク】
 
【この記事を共有しませんか?】
【おすすめ記事&広告】
PAGE TOP ↑